読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

担当部署と話したい

もらった裁定のメモ

2016年5月事務局回答

現在の裁定と異なるかもしれないですがご了承ください。

 

Q.
フィールド上に「スーパーバグマン」と攻撃表示の「青眼の白龍」(ATK2500/DEF3000)が存在します。この「青眼の白龍」が「BF-疾風のゲイル」の効果を受けた場合、処理後に「スーパーバグマン」の永続効果を再適用しますか。
(攻撃力と守備力はATK1250/DEF1500とATK1500/DEF1250どちらになりますか)
A.
「BF-疾風のゲイル」の効果が適用された後に、再び「スーパーバグマン」の効果による再計算は行いません。
よって、「青眼の白龍」の攻撃力と守備力は、「BF-疾風のゲイル」の効果が適用された時点の数値(攻撃力1250、守備力1500)のままとなります。

 

Q.
「花合わせ」を発動したターンに「名推理」を発動したところ、「シャドール・ビースト」がめくれたため、墓地へ送られました。このとき「シャドール・ビースト」の効果を発動できますか。
A.
ご質問の状況の場合、カードの効果で墓地へ送られた「シャドール・ビースト」は『②』の効果を発動する事ができます。

(制約により特殊召喚に失敗した場合でも効果によって墓地へ送られた扱いになるか)

 

Q.
自身の効果でレベル5となっている「アポカテクイル」を対象に「レベル・スティーラー」の効果を発動した場合、「アポカテクイル」のレベルはどうなりますか。
また、その後にチューナーが自分フィールド上に存在しなくなった場合、レベルはどうなりますか。
また、その後に再度チューナーを自分フィールド上に召喚した場合、レベルはどうなりますか。
A.
「アポカテクイル」を対象に「レベル・スティーラー」を発動した場合、レベルは4になります。
その後、自分フィールド上からチューナーのモンスターが存在しなくなった場合、レベルは3になり、再度、自分フィールド上にチューナーが存在する状況となった場合、レベルは5になります。

 

Q.
自分の場に「D・スコープン」が表側攻撃表示で存在する状態で「妖怪のいたずら」を発動しました。
その後、そのターン内で「D・スコープン」を守備表示に変更した場合「D・スコープン」のレベルはいくつになりますか?また守備表示のままターンが終了した場合、レベルはどうなりますか?
A.
ご質問の場合、「D・スコープン」のレベルは2となります。

 

Q.
「ハードアームドラゴン」をリリースして「コストダウン」によってレベル6になった「青眼の白龍」を召喚した場合、「ハードアームドラゴン」の効果は適用されますか。
A.
「コスト・ダウン」の効果によりレベル6となった「青眼の白龍」がアドバンス召喚に成功した場合では、「ハードアームドラゴン」の効果は適用されません。

 

Q.
アンデット族を宣言した相手の「DNA改造手術」の発動にチェーンして自分が「リビングデッドの呼び声」を発動し、「クリボー」を特殊召喚した場合、チェーン終了後に「精気を吸う骨の塔」の効果は発動しますか。
A.
ご質問の状況の場合、「DNA改造手術」の処理の前に悪魔族モンスターの「クリボー」を特殊召喚しており、アンデット族モンスターが特殊召喚に成功した扱いにならないため、「精気を吸う骨の塔」の効果は発動しません。

 

Q.
自身の効果によって除外した「速攻の黒い忍者」を同一ターン中に「闇次元の開放」によって特殊召喚した場合、再度自身の効果で除外することはできますか。
A.
自身の効果を発動して除外した「速攻の黒い忍者」を、同じターン中に「闇次元の解放」によって特殊召喚した場合、その「速攻の黒い忍者」も効果を発動する事はできます。

Q.
「ダイヤモンド・ダスト」の効果で「メタル・リフレクト・スライム」1体を破壊した場合、相手にダメージは与えられますか。
A.
ご質問の状況の場合、「ダイヤモンド・ダスト」の『その後、この効果で破壊され墓地へ送られた水属性モンスターの数×500ポイントダメージを相手ライフに与える』効果は適用されません。
よって、相手にダメージを与えません。

 

Q.
「ファントム・オブ・カオス」が「CNo.5 亡朧龍 カオス・キマイラ・ドラゴン」の効果を得た場合③の効果を発動できますか。
A.
エクシーズ素材を持つ事ができない「ファントム・オブ・カオス」が「CNo.5 亡朧龍 カオス・キマイラ・ドラゴン」のカード名や効果を得ても、「CNo.5 亡朧龍 カオス・キマイラ・ドラゴン」の『③』の効果を発動する事はできません。

 

Q.
相手フィールドの「永遠の淑女 ベアトリーチェ」を対象に自分の「スクラップ・ドラゴン」の効果を発動しました。
「スクラップ・ドラゴン」の効果処理時に「スクラップ・ドラゴン」自身のコントロールが相手に移っていた場合、「永遠の淑女 ベアトリーチェ」の効果は発動しますか。
A.
ご質問の様に、効果を処理するタイミングで「スクラップ・ドラゴン」のコントロールが変更されていても、効果を発動したプレイヤーが変更される事はありません。
その為、相手は破壊された「永遠の淑女 ベアトリーチェ」の効果を発動する事ができます。